大好きな彼と復縁するための2つのポイント

大事なことは 2 つです。

あなたが変わる事
「彼への未練はない」「復縁する気はない」と思わせる

この 2 つが重要になってきます。あなた側から彼を振っていて、あなたを好きで好きでたまらない状態であれば当てはまらないのですが、このサイトを訪問しているという事はあなたの思いの方が彼より強いはずです。

普通の恋愛であれば、好意がある事を相手に悟られても問題ありません。男性も女性に好意があると分かれば、嬉しく思い気になる存在としてどんどん好きになっていく可能性もよくある事です。

復縁の場合は、彼は一度なんらかの原因で別れるという決断をしています。優しい彼ならば、連絡を取れば返事を返してくれるでしょう。しかし、復縁の場合はあなたが復縁したいという想いが面倒くさくなったり、「期待させてはかわいそう」と思い少しずつ距離を置くようになってしまいます。それでも振り向かせようと思い、何度もメールを送ったりしつこくしてしまうと、彼の中にはあなたは『避けたい相手』という負のイメージが強くなっていきます。

さらに彼を追って行けば彼のなかには「ストーカーになってしまうのでは?」と言う「恐怖心」まで出てきてしまいかねません。分かっていただきたいのは、あなたの好意が彼に伝わっている間は復縁できないという事を理解しましょう

これ以上嫌われないために今は、彼に何をやっても逆効果でしかありません。これ以上嫌われない為には冷却期間が必要です。冷却期間はこれから数ヶ月一切メールや電話をしないこと。彼の頭の中のあなたは、別れたすぐという事もあり良い印象は思い出されず、悪い印象ばかりになっています。悪い印象を忘れかけていても、連絡を取ってしまうと再び悪い印象を呼び起こすことになります。

「時間が経つと私のこと忘れちゃうんじゃ…。」と思いますか?
そうです、忘れてもらうのです。今まで付き合っていたのですからあなた自身の事を忘れてしまうことはありません。

「思い出はいつもキレイ」と言う言葉を聞いたことはありませんか?
男性は特にその性質が強く過去の事は美化されていきます。男同士で「付き合っていた彼女はいい女だった?」と質問すれば 5 人いれば 5 人ともいい女だったという男性が多いでしょう。

もともと男性と女性では記憶の処理法が違があります。女性は感情から先に記憶を取り出し紐づけていきます。
「あの時のプレゼント嬉しかったなぁ」「あの時のデートも嬉しかった」など「嬉しい」という感情をベースに記憶を結び付けていくのです。

それに対し男性は
「〇〇に行ったなぁ」「〇〇にもデート行ったなぁ、楽しかった」
など物事をベースに記憶を結び付けていきます。

女性の場合、感情から思いだすので嫌な思い出はまず「嫌」という感情から先に呼び起こされる為「嫌」だったことは忘れにくいのです。物事から記憶をたどる男性ですから、物事→感情の項になるので時間と共に悪い印象は消えていくという事です。それに人間は嫌なことや、悪いことは忘れることができる特技を持っています。時間がたてばたつほど悪い印象は忘れ、良い印象が呼び起こされるでしょう。

男性の恋愛メカニズムを利用しよう

女性は付き合っていく中で「好き」という気持ちが高まっていくのに対し、男性は月日がたつにつれて「好き」という気持ちが減少していきます。男性の恋愛は減点方式なのです。

男性から告白して付き合う場合、付き合うと合意した時が彼女に対する「好き」という気持ちが 100%です。そこから「好き」が上がっていくことはほぼないと言っていいでしょう。個人差はありますが、半年も経てば彼の彼女に対する「好き」の気持ちは半分になってしまいます。

それに対し女性は、10%ほどの「好き」から始まります。90%ほど余力があるのです。あなたも付き合い始めてから彼の事をどんどん好きになっていった経験がありますよね。女性は月日を重ねることで 10%から 30%、40%と「好き」を育てていきます、半年も経てばあなたの方の気持ちが、彼より強いということも決して珍しくはありません。

初めは、彼からいつもメールが届いたり、休みの日の予定を立ててくれたりしていても、いつの間にかメールはいつも私から、「休みの日どうする」と聞いたりしていませんでしたか? その落差で、あなたは不安になりストレスを感じたでしょう。

男性の恋愛心理を理解していれば、男にそうさせない対策も可能になってくるのです。女性が振られた場合、彼に対する「好き」は 100%になっている状態です。新しい恋を探そうにも、最初は 10%の「好き」ですから 100%の「好き」だった元彼と比べると
「好きだけど、今は恋愛対象じゃない」
と思ってしまうのです。

男性の最初の 100%は、あなたを得るための恋愛戦闘状態だったという事、男性の恋愛性質を理解して作戦を立てるのです。

半年後の「好き」が普通の状態

彼が恋愛戦闘状態であれば幸せですが、それがいつまでも期待してはいけません。初めの頃は熱心にあなたに好かれようと頑張ります。それによってあなたの恋愛温度は上がって「好き」と言う気持ちが彼に近づいてきます。

彼の恋愛温度は落ち着いてきますので、最初の頃より熱心ではなくメールの回数も減ってしまうでしょう。半年間、恋愛戦闘状態にあったなら「ラッキーだった」と思うくらいがよいでしょう。彼からの連絡が半分くらいになったらようやく、普通の状態(本当の彼)になったという事です。

80%を持続させる

初めから 50%の状態が予想できていれば、彼の恋愛戦闘状態を長くすることもできるでしょう。簡単なことです。
・自分からなるだけメールや電話をしない
・自分から会いにいかない
・用事があればデートの誘いも断る。

一見、嫌われてしまうかなと思いがちですが、彼の方があなたより「好き度」は勝っています。彼が追いかけたくなる状態を作ってあげましょう。用事がないのに連絡を取るのは気を付けてください。女性は携帯依存症になりやすく常に繋がっていないと不安な状態になりやすいものです。

女性が男性に依存してしまえば、一気に男性の「好き」は下がっていきます。彼にあなたのすべてがまだ手に入っていないと思わせ続ける事は、復縁に限らず恋愛で主導権を握るために大事な要素です。

『私のすべてを知って欲しい』という気持ちもわかりますが、今後の為にも見せない謎の部分も必ず残しておくことです。この恋愛戦闘状態をより長くし、あなたを大事にすることでその後どれだけ大切にするかが決まってくると言っていいのですから。

まずは半分くらい

彼が恋愛戦闘状態では彼はあなたの事をもっと知りたくてたまりません。先ほども言いましたが、ここで注意が必要です。

すべてを見せてしまい彼の愛情に答えれば、皮肉にも彼はあなたに飽きてしまいます。飽きてしまえば 50%を大きく下回り「別れ」という危機が迫ってきます。そうならない為にも、彼の半分の愛情を返すようにするのです。

すべて彼の要求に答えないことで彼に「放っておけばどこかへ行ってしまうかも」と思わせるよう、見えない部分も作っておきましょう。

恋愛はバランスが大切です、彼だけが好き過ぎても、あなただけが好き過ぎてもどちらかが去ってしまいます。男性がそれほどコミュニケーションを取りたがらない、連絡が少ない時期が普通であると理解していれば、あなたが主導権を握って恋を進めて行くことができるでしょう。

男性の恋愛に対する心理、女性の恋愛に対する心理の違いを理解できたでしょうか?このココロの違いを知る事で、あなたや彼が今まで行ってきた行動がどのような心理で動いていたかわかってきたでしょう。復縁するにはこの『違い』を理解することは大変重要になるので覚えておきましょう。

別れの原因について知る

別れの原因を知る事は復縁への最初のステップです。
あなたは目をそらしたい現実かもしれませんが冷静に原因を分析し対策を考えましょう。

振った?振られた?あなたはどちらですか?
「振った」と思っていても復縁を申し込んで断られたのならば、振ったのではなく「振られた」という事になります。もし彼があなたを好きで「今すぐ付き合いたい」と思っているのであれば悩む必要もありませんよね。
復縁がうまくいかない=「振られた」と考えてよいでしょう。

振られたと思いたくない方もいるでしょうが、状況を認めて前へ進みましょう!

彼が浮気をした、飽きられた

彼が浮気をした場合、当然浮気をする彼が悪いです。
しかし「彼が悪い」だけでは前へ進む事はできません、もっと奥深く考えてみましょう。他の女性に興味が行ってしまうのはあなたに何らかの不満があるからです。

彼は手当たり次第女性に手を出していますか?そんな彼ではないからこそ復縁したいと思っているのですよね。

それでは彼はなぜ浮気をしたのでしょうか?
このことは目をそらさずにしっかり受け止めましょう。

 1. 慣れてしまい相手に気を使わなくなった、彼の都合も考えずに自分の要求ばかりするようになった。

2. お互いに慣れ過ぎて刺激のある女性へ彼が魅かれてしまうケースや、彼が仕事で本当にメールの返事が返せないのに、何度もメールを送ったり「返事位返して」と要求したことがある。そうなってしまえば彼の気持ちも下がります。

思い当たることはありませんか?彼の悪いとこを治す必要もありますが、復縁していない現状で彼を改善させることは難しいです。まずは復縁することを考え、あなたの反省点や改善できるところをじっくり考えてみましょう。

二人以外の要因で別れた

彼のご両親があなたとの付き合いに反対し少しづつ彼の心が離れて行って結果的に別れてしまった。このケースでは真剣に付き合えば将来の結婚の事も考えます、復縁を彼が考えたとしても、「結婚した後に自分の家族とうまくやっていけないのでは?」と彼が考えてしまうと復縁は難しくなってきます。

しかしこの場合でも別れるしか方法はなかったのでしょうか?彼がそれらの障害を乗り越えてでも一緒にいたいと思える女性になっていれば別れることはなかったのかもしれません。家族に反対されても一緒になっているカップルはたくさんいます。
「もう少しこうしてあげたらよかったなぁ」
「こんなこともしてあげられたなぁ」
と思うところはありませんか?

今の自分を客観的に見て分析、反省して修正していきましょう。反省と後悔は過去を振り返る点では同じですが、反対の考えです。後悔は後ろしか向いていませんよね、反省は振り返りそして前に進む為の準備です。さぁしっかり準備して前へ進みましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ