この世には幸せになるための仕組みが存在する

この世には幸せになるしくみがあります。
いまから幸せのしくみを解き明かしてまいります。

その前に私のありえない体験を少しだけ聞いてください。
私は3歳の時に医療ミスにより脳に障害を受けて知恵遅れ同然の境遇になりました。

それ以前の私は高い知能を持っており、保育園に通っていたころは何をやっても一番でした。
しかし、腎臓の病気で入院し、そのときに幼児には決して使用してはいけない注射を 打たれました。・・・その注射を打たれるとすぐに頭に生涯を通して一番の激痛が起こりました。
例えて言うと、わさびの塊を食べたときに頭に起きるツーンとした痛み、あれの数倍の痛みです。

その激痛が深夜から明け方近くまでズーっと続きました。
あのときの激痛は大人の今ならたとえ数秒でも「今すぐ殺してくれ!」と叫びたいほどです。
しかも、その激痛が数時間も持続したのですから今思い出すだけでも怖くなります。

やっと、痛みが引いた明け方近くにはぐったりとなりそのまましばらく眠りにつきました。
そして、目を覚ましたとき何か違和感がありました。ろれつが回らなくなっていたのです。
記憶力は著しく劣り、朝食後 30 分もすると自分が食事したことも覚えていないほどひどいものでした。さらに、小学校に上がるころには、高い知能を持っていたころの私の記憶はすべて消えていました。

この事件を境に、私の人生は一変しました。
何をやっても一番早い人生から、何をやらせても一番遅い人生へと変わり果てたのです。

私にとって地獄の始まりでした。
ひとつのことをやりこなすのに、いつも大変な労力と時間を使いました。

でもね、神のお告げか!
42歳のときにすべての記憶が蘇ったのです。
母親の産道を通って生まれてくるところからの記憶が・・・

そして、自分に一番欠けていたものは、人柄なんだと気づきました。
それまでの私はコンプレックスのかたまりでした。

能力がない・・・小学生の頃、勉強ができなくて担任から特殊学級の話が出ました。
掛け算の九九を覚えるのはクラスでダントツ一番遅かった。
「九九を覚えることは僕には無理だから、 先生、僕のことはあきらめて!」と心で叫んでいた。

体力がない・・・学生の頃、必ずクラスに一人ぐらいいましたよね!
運動音痴で体の弱いやつ。
それが私でした。

視力が弱い・・・極度のド近眼。暗い所ではほとんど見えない。
運が無い・・・・いつも自分が望むものと違うものを選んでしまう。
友達が少ない・・社交性がまったく無い。もちろん彼女いない。
お金が無い・・・いつもギリギリの生活。貯金ができない。

これ以上書くと、あなたもうんざりすると思いますからやめますね。
「これだけたくさんのハンディを背負っているから、自分は幸せでないんだ!」
そう本気で思っていました。

しかし、ある時ふと考えてみました。
「もし、神様が現れてこれらのハンディをすべて解決してくれたなら、 自分は幸せになれるのだろうか?」

答え:今の気持ち(=悲劇の気持ち)は変わらない。
このとき、やっと気が付きました。

自分に一番欠けていたもの。
それは、「人柄」なんだと。
「人柄」が、一番欠けていた。

他人に対する思いやりが無ければ、今と何も変わらない。」
「心が満たされることは無い。」
さらに、頭の中であるものとあるものがつながって行くのを感じました。
そして、ある大事なことに気付きました。

その「気付き」とは、 この世には独力で変えられるものと、変えられないものがある。
私は独力で変えられないものを、一生懸命に長い時間をかけて変えようとしていました。
上記に列記した、記憶力、運動神経、視力・・・などがそれです

独力で変えられる「自分の心」を変えようとしたことはありませんでした。
心が綺麗になれば、他人との関わり方も違ってきます。
良い関わり方ができれば、良い人と出逢えます。
そして、良い出逢いが良い運命を呼び込みます。

善循環の始まりです。
「この世界はとてもうまく作られていたんだ!」
「今まで気が付かなかっただけなんだ。」
「変えられるものを変えれば幸せになれる。」
「変えられないものを変えようとしていたから、 ドツボにはまっていたんだ。」

この幸せのしくみの一部に気付いてから、自分の人生は好転し始めました。
だって、簡単ですよね!
何か問題が生じても変えられるものを変えていけば、 問題は解決するのですから。
この世界はそのように創られているのですから。

幸せのしくみへの気付きが私の考え方・生き方を根本から変えるキッカケになりました。
そして、コンプレックスは綺麗に消え去り、人生がまっさらになったような感覚を得ました。
ただし、何をするにも手順というものがあります。
この手順を間違えると変えられるものも、変えられなくなってしまいます。

さらに、その前に、「生きる」上での基礎知識が必要です。
これは義務教育では教えてくれません。 

幸せとは?

このサイトは、「人生体系」と「方法論」の2つの柱で構成されています。
このマニュアルでは、「人生体系」で人生を五つのステージ(階層)に分けて解説しています。
そして、各ステージで欲求が充足されるときに、人は幸せを感じるように作られています。

「幸せ」とは、欲求が充足されるときに感じるものなのです。
この欲求を効率よく充足する「方法論」を各ステージで解説いたしております。

この方法論の中には、過去を変える方法が含まれています。
過去を変える方法は、楽に行えるように2段階にしています。
人生ステージ3では、辛さを取り除くために、「過去」をゼロリセット(清算)し、
人生ステージ4では、明るく前向きに考えられるようにするために、自分に自信をつけ、
人生ステージ5では、人生を好転反応させるために、「過去」を正しく解釈し直す。

人は過去にとらわれて生きるものです。トラウマ(心的外傷)がそうですね。
だから、人生をスムーズにステップアップしていくためには、過去を一度ゼロリセットし、その後、自分に自信を付けてから、人生の終ステージに向かった方が効率がよいのです。いえ、このようにしなければただの付け焼刃に過ぎません。

今までの自己啓発本では、人生が好転しなかった方もいらっしゃると思います。
それはその自己啓発本があなたの人間性を構築したあなたの過去そのものにまで言及していなかったからです。このサイトでは、過去を変える方法まで解説しています。これが今までの自己啓発本との大きな違いなのです。

ステップアップのコツを掴んだ人生さえ送れば、 あなたはもっと楽で幸せに生きることができます。
大事なことなので繰り返しますね!
幸せになるとは、自己の欲求(自分本位の欲望ではない) を効率よく満たしていくことにほかなりません。

また、自己の欲求が満たされたとき、人は人生に喜びを感じる と同時に、人生が次のステージに進み、まったく新しい欲求が生まれます。
人生では、上位のステージに行くほど“悩み”や“問題”は消滅していきます。
なぜなら、上位ステージへと進むと下位の“悩み”や“問題”は、 ただの出来事と捉えるようになるからです。

あなたには、幸せな人生を満喫して頂きたい。
そのような思いからこのサイトを作成いたしました。
人生が好転されましたら、ぜひメールでお知らせくださいね!
あなたの喜びが私の喜びでありますから。

このサイトでは、現時点で私が正しいと判断した考え方をおすそ分けしてまいります。
ですが、私は未熟な人間です。
間違った判断をすることもあります。
そのときはどうか、ご指摘くださいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ