相手から好かれるような話ができる人になりたい!その方法は?

今、私はまったく人間関係には困ってはいませんし、 おそらく、この先も困ることはないでしょう。 なぜなら、「コミュニケーションの力」を身に付けたからです。 また、かつて私が孤立していた頃の悩みも今では全て解決されました。

・会話が続かない
・うまく話せない
・人見知りが激しくて、みんなの輪に入れない
・沈黙がつらい
・話題が見つからない

これらを克服することができ、今では最高の仲間とパートナーにも恵まれることができました。 そう。かつて孤独だったころに憧れていた理想が全て叶えられたのです。 だからこそ、私の人生を変えた全ては、 「コミュニケーションの力」だと、断言できます。 言葉には、人生を変える力があるのです。 言葉は時に相手に元気を与えたり、幸せにしたり、笑わせたりできる半面、 一歩間違うと怒らせたり、泣かせたりと、相手を不快にすることもできます。 言葉の使い方次第で意味は大きく変わってきます。

ところで、本題に入るまでに一度考えてほしいことがあります。 あなたは口下手、あがり症を克服して、 話ができる人になりたいんですよね? それってちなみにどんな人の事でしょうか? 喋りがうまい人? 話題が豊富で話題つくりに困らない人? 堂々と人前で話せる人?

でもここで一度、今までの人生を振り返ってみて下さい。 例えば結婚式でのスピーチ、 確かにあんなに人前で話せて凄いなと思うけど、 たまに「聞いていてもつまんない、」「長いよ、いつまで話すの?」 なんて思うことありません?

また、普段からいつもよく喋る人もいますが、 「うるさいなー、おもしろくない話を永遠に…」 なんてうんざりする事もありませんか?

ここでもう一度本質的な事を考えてほしいのですが、あなたが本当に求めているのはただ単に「話ができる人」ではなくて、 「相手から好かれるような話し方のできる人」ですよね? ということは人を惹きつけるような会話をしていく必要があります。

それはどういうことかというと、 けっして喋りが上手いということだけではなくて、 あなたと会話することで相手が幸せになれるということです。 もしかしたらあなたは
「こんな私でもできるのか…」
と不安に思っているかもしれません。

でも安心してください。 当サイトを読み終えた後は、今までの自分とは違う 「自信に満ち溢れたあなた」に変化しているはずです。 準備はいいですか?? それでは、さっそく始めたいと思います。

会話上手になるための2つのポイント

まずは会話上手になるための第1ステップとして、 考え方や意識そのものを変えて頂こうと思います。
この根本的な考え方、意識の持ち方が身についていないと、 これから学んでいくさまざまなテクニックを身につけたところで 効果は半減です。
何事でも成功するためには“考え方”が一番大切になってきます。

しかし、多くの人がここをおろそかにするから結局いつも中途半端で終わってしまうのです。
一流の人間はマインドを重視し三流の人間は小手先のテクニックを重視します。

あなたが最短で会話が上手くなりたければ、まずは考え方の勉強から始めて下さい。 では、早速始めたいと思います。

1、100点満点を目指すな!!

会話で悩むほとんどの人の1番の悩みは 「会話が続かない…」 ということではないでしょうか?
これにはハッキリとした理由があります。

じゃあ、なぜ会話が続かなくなるのかというと、 私自身もそうだったのですが、話す前に頭の中で 「何を言えばいいのかな…」 「こんな事言って嫌われたらどうしよう…」 と考え込んでしまっているからなのです。 だから喋ることができなくなっているのです。

実は、このような考えが、頭の中に浮かんでしまう人に一つだけ共通することがあります。 それは、「会話には正解がある」と思い込んでしまっているということです。 どういう事かと言うと、
「この発言は間違えてないかな?」 「こんなとき、何を言えばいいのだろう?」
と“100点満点”を目指してしまっているのです。
これでは喋れなくなるのが当たり前です。

また、喋る事に緊張してしまうのも同じ原理です。 例えば、学校の授業で、いきなり先生に当てられ クラスのみんなの前で発表しなければならなかった時の あのドキドキした感覚を覚えていませんか?

「間違えてたらどうしよう…」 「変な事言ったらみんなにバカにされる…」

自分の発言に対して、心のどこかで必ず そういう恐怖感や恥ずかしさがあったと思います。 だから緊張してしまうのです。

ではどうすればいいのかと言うと、 ただ単純に、会話に正解を求めないということです。
会話は学校のテストではありません。
正解もなければ、間違えもありません。
つまり、会話に100点満点は存在しないのです。
それはあなたの単なる勝手な思い込みに過ぎなかったのです。 私自身がまさしくそうだったので

「何を言えばいいのか…」
と考えこんでしまう気持ちはものすごくわかるのですが、 この考えは今日限りで捨ててください。 要は、良い意味で“適当”になって下さい。 そう意識するだけで 今まで相手に吐き出せずにいた言葉が 自然に口からだせるようになります。

あなた自身も、心がスーッと楽になるはずです。
つまりリラックスして会話できるようになります。

本来、会話は楽しいものです。
楽しい会話にするのも、ドキマギした会話にするのもすべて、あなたの意識次第です。
それこそが会話の達人になるためのスタート地点であります。

2、失敗を恐れずできる理由を考える

ちょっと上手く話せなかったからといって落ち込む必要は全くありません。
気楽に考えたくらいがちょうど良いのです。
「自分は人と上手く話せない…」
「なんでいつも盛り上がらないんだろう…」
と考え込んだところで、余計に落ち込むだけです。
その先には何も得られません。

『できない理由』を考えるのではなく、『できる理由』を考えて下さい。
成功者と貧乏人
モテる人とモテない人
仕事がデキる人とできない人
これらの違いは、この考え方の違いです。
人間の能力なんて、みんなさほど変わりません。

最後に笑う人間はいつも、“できる理由”を考え続けられる人です。
会話に関しても全く同じです。
毎日が練習だと思う事で
「今日は上手くいかなかったから、明日はこうしてみよう!」
「この方法ならもっと盛り上げられそうかも!」
と、どんどん試す事ができるようになります。
それが成功への最短ステップです。

ですから失敗を恐れずに、これから当サイトで学ぶ事をどんどん実践していって下さい。
最大の失敗は“会話が上手くできない事”ではなくて、“何もしない事”です。
あなたが得た知識は、経験して初めて“知恵”に変わります。

そうやって試行錯誤を繰り返すことがあなたの成長になっていくのです。
会話でつまずくのを恐れてしまって、何もしなければあなた自身、変化は全くありません。
ですから、あなたの脳に
「会話に100点満点はない」
「会話は毎日が練習である」
という事をしっかりとインストールしておいて下さい。
それだけで、これまであなたが感じていた、会話における息苦しさであったり、不安な考え方が今までとは一変するはずです。

最短で、会話の達人になるためのマインドとは全てそのような“意識の持ち方”です。
これが今後あなたの成長を促進させるキーポイントです。
ここをしっかり身につけられるかどうかであなたの成長速度は10倍、20倍と大きく変わってきます。
それくらい大事な事なので、ぜひ最初に覚えておいて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ